ミノキシジルの歴史

 

発毛成分として知られるミノキシジルですが、実は元々発毛剤として開発されたわけではなかったのです。そもそもミノキシジルは高血圧症患者への治療薬として開発され使用されてきた歴史があります。
よく副作用に血圧低下や頭痛などの症状があげられますが、これらはこの降圧剤として現れる副作用なわけです。
降圧剤として飲んでいた患者の中に、多毛症の副作用が現れる人が多く発生し、その力に注目が集まり、発毛剤としての開発が進んだのです。
そのため日本では内服タイプのミノキシジルは医薬品として認可されていません。血圧に作用するため、その安全性には極めて慎重になる必要があるからです。
どうしても服用したい場合は通販で個人輸入をすると手に入りますが、何かあっても完全自己責任なので、使う場合は慎重になりましょう。
日本でも育毛剤タイプであれ医薬品として認可されているので、気になる方はそちらを使うといいでしょう。いくら塗るタイプとは言っても、頭皮の毛細血管から体に浸透するので何らかの副作用の恐れは否定できません。
使用開始後、体に異変が現れたら使用はやめて必要であれば医療機関を受診するといいでしょう。
ミノキシジルは降圧剤という歴史がある薬なので、血管系の病気がある方は、使用の際は担当医に相談した方がいいでしょう。