塗るミノキシジルについて

 

ミノキシジルと言えば発毛効果があるとして良く知られており、シャンプーや育毛剤などに利用されています。元々は高血圧症の治療薬として開発されていましたが、血管拡張の副作用によって毛が濃くなると報告され、発毛効果があることが発見されたことから転用された成分となります。海外では内服薬としても販売されており、体内に成分を取り込むことで、その効果は大きく発揮されますが、全身の毛が濃くなる問題があるのと、効果の分だけ副作用のリスクが高まることから、日本では外用薬としてだけ認可されています。つまり、育毛剤やシャンプーに配合するだけで、内服薬などの販売は許可されていないということです。外用薬であれば、頭皮に塗ることで成分を浸透させて、発毛効果が期待できると同時に、作用する部位が頭だけなので全身への副作用のリスクを避けることができます。実際に塗るタイプの副作用としては頭皮のかぶれや肌荒れが報告されていますが、重篤な症状は発見されていません。また、ミノキシジルは血管を拡張する作用がありますが、成分を直接体内に取り込まないのであれば、高血圧症などの男性でも大きな作用が起きないので、安心して利用することができます。