ミノキシジルで薄毛改善

最近では育毛剤の成分としてよく配合されているミノキシジルは、発毛に効果的と言われており、発毛を確かに実感した男性も多いことから人気となっています。元々は高血圧症の治療薬で開発して使用されていましたが、服用していた患者から毛が濃くなるという報告を受けて、育毛成分として転用されました。高血圧症のためなので、血管拡張の作用があり、それによって頭髪に栄養を送るための血管を広げ、血流が改善されることで栄養が毛根にまで届くというものです。結果的に毛根が活性化されることにより、髪の毛が太く長く伸びるようになります。ミノキシジルを成分として内服薬と外用薬がありますが、日本では外用薬のみを認可しており、育毛剤などに配合して一般医薬品として、ドラッグストアなどで販売されています。内服薬では直接体内に吸収することで、効果的な育毛が期待できますが、全身に作用するため髪の毛以外の毛も濃くなり、副作用が全身に出る可能性があります。対して外用薬では頭皮のみに塗るので、副作用が全身に出るリスクがなくなります。ミノキシジルは薄毛改善の為に、効果的な育毛を発揮しますが、薄毛の進行を止める作用はないので、別の薄毛の進行を止める方法や治療薬が必要となります。