ミノキシジルタブレットとテストステロン

脱毛症で悩んでいる人は、世界中にいます。
日本では、1000万人以上の人が、薄毛の悩みを抱えていると考えられています。
特に多いのが男性型脱毛症で、早い人だと、20代から脱毛の症状が出てきます。
しかも男性型脱毛症は、進行性の脱毛症なので、早く手を打たないと、どんどん進行してしまうのです。
ですから、抜け毛が増え始め、男性型脱毛症の症状が出てきたら、すぐに治療を受けた方がいいです。
早く治療を受けることで、早い回復が期待できます。
男性型脱毛症は、テストステロンという男性ホルモンが酵素で変化した、ジヒドロテストステロンが原因のひとつだと考えられています。
男性型脱毛症は、外用薬と内服薬で治療することが多いのですが、よく使われている治療薬が、ミノキシジルです。
ミノキシジルは、最初は血圧を下げる薬として使われていたものの、発毛作用があるとわかった途端、育毛剤としても使われるようになったのです。
現在では、多くの育毛剤にミノキシジルが配合されています。
育毛剤よりも効果が高いと言われているのが、ミノキシジルタブレットなどの内服薬です。
吸収率が高いミノキシジルタブレットは、育毛剤よりも効果が期待できるため、世界中で人気があります。