ミノキシジルタブレットのリスク

ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発された成分です。
最初は、血圧降下剤として経口投与されていましたが、多毛症が現れ改めて臨床試験をした結果外用の発毛剤としての効果が認められ、脱毛症の治療薬として販売されるようになりました。
日本でも、最大5%ミノキシジル外用薬が薬局やドラッグストアで第一類医薬品として(薬剤師が文書で効果と副作用を説明して売る薬)発売されています。
現在日本では、ミノキシジルタブレットの発売は許可されておりません。
ミノキシジル自体の発毛効果は、毛細血管を拡張して、発毛成分を毛包屋毛母細胞に供給しやすくすると言われていますが、本当に、どのような効果があるのかは、いまだはっきりしていません。
しかしながら、AGA治療薬フィナステリドとミノキシジル外用が現在の日本では一番効果のあり方法である事は間違いありませんし、ミノキシジルタブレットを使用すると、外用よりさらに高い効果が出る事も事実です。
でも、ミノキシジルタブレットの使用にはリスクが伴います。
それは、もともと血管拡張剤であったたため、低血圧の人とか、降圧剤を飲んでいる人は血圧が下がり過ぎる場合があります。
その他に頭痛とか多毛症とか性的不能とか不整脈とか霞目とか手、足、顔のしびれやむくみが報告されています。