ミノキシジルタブレットのデメリット

 

ミノキシジルタブレットは飲むだけで発毛に期待ができる薬であり、発毛剤のように塗布する手間がないのが魅力です。しかし発毛剤と比較すると副作用が強く出る可能性が高いというデメリットがあるのです。発毛剤の場合は頭皮に作用するだけですのでそれほど副作用が発生する可能性は高くありません。しかしタブレットタイプの場合は体の内部にまで作用してしまう為、発毛剤以上に副作用が出てしまうことがあるのです。
ミノキシジルタブレットで出易い副作用としては動悸やめまい、頭痛、多毛症などが挙げられます。外用として使用する場合でもこのような副作用が出てしまうリスクが低いながらもあるのですが、タブレットタイプですと副作用が発生するリスクが劇的に高まります。そして心臓にも影響してしまうリスクが高くなるということもあり、心臓が弱かったり血圧が元々低いような方の場合は注意が必要です。
副作用が心配な場合はミノキシジルの配合量が少ないタブレットを用いるようにした方が良いでしょう。2.5mgや5mgといったタブレットを利用するのが主流のようですが、5mgですとより副作用が強く出易くなる為、2.5mgの方で様子を見た方が安心と言えます。