ミノキシジルタブレットと亜鉛

 

薄毛になる原因は様々ですが、その中の1つに挙げられるのが「栄養不足」です。
髪は食べた物に含まれる、栄養素から作られます。
もし、栄養不足に陥ってしまうと健康な髪を育てる材料が足りなくなり、薄毛が進行してしまうでしょう。

 

特にタンパク質と亜鉛は意識して補いたい栄養素です。
髪の主成分はケラチンというタンパク質ですので、タンパク質が不足してしまうと髪を作る事ができません。
ダイエット中、極端に肉や魚を摂らない食事をしてしまうと、薄毛が進行するケースがあるので注意が必要です。

 

ただ、タンパク質だけでは薄毛の進行をストップする事はできません。
食事で摂ったタンパク質をケラチンと変えるには、亜鉛が必要と言われています。
タンパク質だけ摂っていても、この栄養素がしっかり補っていなければ、健康な髪を作れないのです。
亜鉛は牡蠣やアーモンドといった食材に含まれます。

 

また、これらの栄養素も毛根まで運んでいる、血液の流れが滞る事でも薄毛は進行します。
血行不良によって髪が抜けやすくなっているという場合、ミノキシジルタブレットを服用する事で対処できます。
ミノキシジルタブレットは血管を拡張させ、血行を促進する内服薬です。
皮膚科などのクリニックでは薄毛治療として、処方されている一般的な内服薬となっています。